So-net無料ブログ作成

2012-10-22

20日の土曜日は何と!なおみさんからさんかく広場で開催される福島高校ジャズ研究部のコンサートにお誘いいただいて、ご一緒することとなった。しかし私一人ではどうにも心細いので、串部長とマツゼンを無理矢理、でもないが、「何とか付き合ってくれ」と頼んで同席してもらった。例によってマツゼンはコンサートが終わってから顔を見せるいい加減ぶりではあったが。
HIMG0161.jpg
好天に恵まれて実に良い気分であった。演奏の方も「コリャ大したもんだ」という子もいればまだ楽器を始めて間もないらしい微笑ましい子も少なくなく、それぞれに味わいがあって楽しい。で、女子が多い。指導しているやぁどさん(Tプロデューサーの同級生だったらしい)は同部の1期生らしい。年季の入ったアルト・サックスで年季の入った貫禄の演奏を聴かせる。

羨ましいのは、こうしてしっかりと伝統が受け継がれている部分で、ロック系やフォーク系はこういったのって難しいもんかなあ。世代を超えたスタンダードってのがやはり少ない感じがあって、セッションなんかが成立し辛いと言うか、音楽的な共通言語が乏しいような気がする。ちょっと世代間の断絶を感じてしまうわなあ。

午後は串部長と二人で四季の里で開催されているイヴェント(何と言ったか覚えていないのだが)へ移動して、∞Zのエリカちゃんのステージを観て、その後FTVの名和田さんから多分番組(サタふく)オリジナルのスープを直接手渡しで振舞っていただいた。会場にFTVのブースがあって、そこで来場者に無料で振舞っていたという、それだけの話だが。久々に日光を存分に浴びてリセットして、まあ何とも気分の良い一日であった。



音楽活動本格化に伴い、串部長自身がギターを所有する必要性を感じ始めており、やはり最低限アコースティックとエレクトリックの2本が必要となるわけであるが、そこは当然安いに越したことはないわけで。で、本気でやるならば世界的に一流と認められるメーカーの1本数十万とか、そういったギターを無理しても購入するのが理想ではあるのだろうけれども、初心者がいきなりそうした物に手を出すのもどうかとも思うし、そもそも予算というものがある。で、こうした場合に当人にその予算を訊くならば、まあ驚くべき金額(低予算)を提示するのは寧ろ普通の事で。そうした中で、必ずしも頼まれたわけでもなく勝手になるべく理想的なプランを考え込んで悩んでしまう、これは最早私の習性のようなもので。

自己所有の中から「これならば譲れなくはないし、クオリティ的にも間違いない」といったものを探した時に思い当たったのがアリアのAF-25N(定価25,000円)であった。4~5年前に中古購入した物であったが、状態も良く、5,000円は素晴らしい買い物であったと感激したものである。弾き易いし、鳴る。価格帯からは信じ難い、トップ単板である。これをエレアコ化しようと思った(ライヴを考えるとエレアコである必然性があるわけである)。

このギターね。

最近、ライヴではARTECのサウンドホール・ピックアップ(マグネティック)を搭載したFenderばかり使っていた。で、マグネティック・ピックアップのメリットを感じる場面が多かった(バッテリーを必要とせず、シンプルな分だけトラブルの心配が少ない、音的にもバンドにおいてはピエゾよりも通りやすい)ので、串部長にもマグネティックにしよう。

こっちがFender。

しかし新規にピックアップを購入していては予算を超えてしまう、いっそ先日購入したWilkinsonのP-90タイプを使って自作してしまおうと。勝算はあった。以前同じような試みを成功させたことがあったので。で、完成したのがコレ。
ARIA / AF-25N(改)Kushibucho Special
DSC01910.jpg
DSC01906.jpg
DSC01914.jpg
シングル・コイルなので当然ある程度のノイズは乗ってしまうのだが、今回画期的な方法で弦アースを取ることを思い付いて。まあ結果的には予想したほどのノイズ低減効果は無かったわけではあるが、基本的なサウンドは素直で好ましいものであったしパワーも充分、ルックスも良好(だと思う)、多分使えると思うのだが・・・。次回スタジオでチェックしてみる予定。串部長にはうちでの購入原価(本体+パーツ)の8,000円で譲る。



思えば普通のフォーク・ギターにエレクトリック用のマグネティック・ピックアップを我が家で載せてみたのは、かれこれ15年ほども前、ヤマハのFG-300Dが最初であった。Vester Maniacのギターから外したシングル・コイルが、好みのサウンドではないのだが実にロー・ノイズであったので、コレなら使えると思ったのだ。それでもやはりアースを取るのには最も苦労したわけであるが。
YAMAHA FG-300D(改)
DSC01921.jpg
後にピエゾも搭載し、マグネティックとのミックスが可能になっています。ボディ・トップのコントロールはマスター・ヴォリューム、バランサー(マグネティック&ピエゾ)、マスター・トーン。さらにボディ・サイドに3バンドEQ搭載のピエゾ用プリ・アンプがあります。調整の自由度が高く且つライヴでの即応力もあり、非常に優れたシステムです(自画自賛)。
DSC01922.jpg
ブリッジ下の銅線はアース線
このギターはレコーディングでも使用しており、ラインの音が良かったとTプロデューサーに褒められたことがある。しかし、やはりこの時代('80年前後)のギターは弾き辛くて。弦高が下げられない(勿論可能な限り下げてはいるが、ブリッジ・ベースが高すぎるのである)、ネックが太い(厚い)、あと、ボディがデカイ。音もデカイし味わいのある、良いギターなのだけれど。



今回のピックアップ・システム、全体としてとてもよく出来ていると感じたので(自画自賛)、手持ちのピックアップで他のギター用にも制作しようと思った。で、作ったのがコレ。
DSC01924.jpg
ピックアップの交換が容易なように、ピンケーブルの抜き差しで可能にしてあるのと、弦アース用のプレートがミソ。プレートはボディ・トップの裏側、ブリッジのチョイ上辺りに貼り付け、6本の足がボールエンドに接触すると言う寸法。寝ている間に突如思いついた画期的システムである。
MORRIS / MF-201(改)
DSC01925.jpg
DSC01926.jpg
あくまで自分用に作った物なので、多少の雑な部分はご愛嬌ということで。
正直、どうにも鳴らないギターで、弾いていてあまり気持ちが良くなかったため、これまではほとんど出番がなかったのだが、アンプを通してみたところ、意外に素直なサウンドで、また想像以上にロー・ノイズ、これなら使えなくはないんじゃないか?

面白いものが出来てそれなりに満足感はあるのだけれども、ドラマーのおおはしさんに付き合って月末にチャーのライヴを観に行くことになって、俄かに金欠。金策の為にひょっとしたらこのギター売るかも。誰かチケット代6,500円で買ってくれないかなあ。

基本の36枚
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版原曲)レッド・ローズ・スピードウェイ21??????????Use Your Illusion 2ナイト・アフター・ナイト展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様)ラバー・ソウルSantana (1st Album)スタンダーズMirage (w/ bonus track)461オーシャン・ブールヴァードモノリスの謎(紙ジャケット仕様)Minute By MinuteBalinCornerstoneクリムゾン・キングの宮殿ライヴ (紙ジャケット仕様)パルシファル(紙ジャケット仕様)マウロ・パガーニ~地中海の伝説(紙ジャケット仕様)至上の愛アースバウンドAtom Heart MotherFS(エッフェ・エッセ)(紙ジャケット仕様)白いレガッタ5150バリオス作品集PSYCHOPATHToto IVバック・トゥ・ジ・エッグDark Side of the Moonサン・シュープリーム(紙ジャケット仕様)危機大人(アダルト) (通常盤)UTAUドリーム・ポリスBGM




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

マツゼン

何て失礼な!わたしゃ最初から最後まで観てましたよ。
ずうっと写真撮ってましたけどね。御三方が楽しく鑑賞してる時に邪魔で出来ないでしょ。ま、久々に音楽的衝動あるいは建ち上がり方を感じさせていただきました。感謝ですね。基本的に仲が良くない人とは音楽が成立しない気がする。

by マツゼン (2012-10-26 20:15) 

大くまねこギターくらぶ

完全フィクションだと書いとるだろうが!他人のファンタジーの世界に勝手に生身の人間が登場するもんじゃない!ところで・・・

明日、多分串部長とアオウゼのスタジオをどんな使い方が出来るか下見に行くのだが、いい感じだったらいっそあそこで次善の策を再開しようかと思うのだが、その折には協力頼む。
by 大くまねこギターくらぶ (2012-10-26 20:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。