So-net無料ブログ作成
検索選択

TS-400とSF-1000 2013-12-10

さて、ほとんど一年というもの全く更新しなかったわけであるが、驚いたことに未だ日に平均100人を超すユニークユーザーが存在しており、まあだからといって何か特に意識して書こうとは思わないわけであるが、別に放棄したわけじゃない、要するに色々あったわけだ、私にも。

何よりも大きかったのは、春のことであるが、20年以上も暮らした借家を取り壊しのため退去せねばならなかったことで、何分荷物が膨大でもあるし、新居は狭いし、それは大変であった。そのことで何とも気が重く、春先はほとんどノイローゼ状態にあったと思う。頭の中は転居への不安ばかりで何をする気力も無かった。何をしたという記憶さえほぼ無い、荷物をまとめて来る日も来る日も運んだ以外は。マツゼンとぬまさんとねもっちゃんに計5回にわたって車で荷物を運んでもらったのだが、その度に「よくこれだけ家の中に収まってたこと」と呆れられて、「いや、実はまだまだあるんだけど・・・」と毎回答えていた。

で、幾分落ち着いた4月末ころからぼちぼちライヴの誘いが来て、それ以降は月2回近いペースでライヴをやる羽目になってしまった。まあバンドとして安定していれば何も困ることもないのだが、BS&Bはちょっとどう動かしていいのか見当もつかない状態にあり、マツゼンも動かないし、盛合せはドラムのモックさんが長野へ単身赴任中で練習すらままならない。そんなわけでほとんどが逢隈コブ田としてのライヴであった。結構酷い出来も多かった。と言うか、碌なライヴを演ってない。ただ恥晒しただけっちゃあそう言えなくもないのだが、まあそれでもやることには意味があるのだ、絶対に。誰のためでもないが。



ここを見に来る人達が一向に減らない(それでも震災前のピーク時には300人/日 くらいいたわけであるからそれから見れば半分以下ではあるが)のは要するに、昔のギターを検索して偶々辿り着いたような人が少なくないからなのだろう、多分。で、下らん日常を語ったところで何にもならんのも確かではあるし、私自身何時手放すことになるやも知れぬ愛器たちを記録しておきたい気持ちがとても大きくなっているので、当分そんなものを記録したいと思っている。何しろ良いギターが一杯あるんだ。高価な物など一つも無いが。

Aria Pro II / TS-400
DSC02379.jpg
DSC02380.jpg
DSC02381.jpg
DSC02382.jpg
TSとは言っても、ごく初期(恐らく’78年頃)に輸出用として短期間製造されたモデルだと思う。言わばプロトタイプだろうか。国内版のカタログには存在しない仕様である。TSには珍しく22フレット仕様(TSシリーズで22フレットはこれと、ほぼ同じフォルムでセットネック仕様のTS-500のみ)、そしてTSシリーズで唯一のボルトオン・ネックである。ピックアップセレクターの位置がレスポール系を踏襲している。コントロールは意外にシンプルで1V2T(どうせパッシヴなのだから2V1Tの方が断然使えると思うのだが・・・)にコイルタップSWのみ。全体としてどこかアンバランスな印象を受けるのは普通のTSシリーズを見慣れているせいなのか、22フレットのせいなのか、ピックアップとエスカッションの色のせいなのか。どうにも締まらない印象を受けるのだが、当然のごとく造りはしっかりしているし音もいい。と言うか、うちのギターはみんなルックスも音もいい。音なんて好みの問題には違いないが。

YAMAHA / SF-1000
DSC02383.jpg
DSC02384.jpg
DSC02385.jpg
DSC02386.jpg
DSC02388.jpg
このカラーは何て言ったっけな、単純にナチュラルじゃないんだよな。レモンイエローだったかな?イエローナチュラルだっけかな?メーカーの表記は確かそんな感じ。ヤマハの旧製品アーカイヴ、工事中なんだね。あれ、早く再開して欲しい。まあそんなこんなで縁あって、二種類あるこっちのカラーも(もう一色はオイルステイン)幸運にも入手できたのだ、ありがたや。

SFはカッコイイねえ。本当に中学時代は憧れだった。夢に何度も出てきた。'80年代に入ってモデルチェンジして全然面影が無くなっちゃって、本当にガッカリしたんだ。もう永遠に入手できるチャンスは無いと思った。それが何時しかSF-500を手に入れて、700を手に入れて、1000を2本も手に入れて、これ以上何を望むのか。本当に幸せ者だ。

で、TSとSFの写真を並べてみた。要するにTSのフォルムはSFの影響下に、と言うか、悪く言えば真似てるんだよね、明らかに。私が最初に買った(親に買ってもらった)エレクトリック・ギターはTS-500(後期型)だったのだが、選んだ理由は実のところ、SFがモデルチェンジでカッコ悪くなってしまって、むしろTSの方が旧SFに似ていたからだったのだ。要するに見た目だけだ。しかし最初に買うギターで音のことなんか解ってる奴なんかそうは居ないもんだろう。逆にカタログだけ見過ぎて実機は知りもしないスペック厨みたいのも気色悪いわな。
DSC02379a.jpg

基本の36枚
Christopher Crossチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版原曲)レッド・ローズ・スピードウェイ21??????????Use Your Illusion 2ナイト・アフター・ナイト展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様)ラバー・ソウルSantana (1st Album)スタンダーズMirage (w/ bonus track)モノリスの謎(紙ジャケット仕様)461オーシャン・ブールヴァードMinute By MinuteBalinCornerstoneクリムゾン・キングの宮殿ライヴ (紙ジャケット仕様)パルシファル(紙ジャケット仕様)マウロ・パガーニ~地中海の伝説(紙ジャケット仕様)至上の愛アースバウンドAtom Heart Mother白いレガッタFS(エッフェ・エッセ)(紙ジャケット仕様)5150バリオス作品集PSYCHOPATHToto IVDark Side of the Moonバック・トゥ・ジ・エッグサン・シュープリーム(紙ジャケット仕様)危機大人(アダルト) (通常盤)UTAUドリーム・ポリス




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。