So-net無料ブログ作成

SB-R60とRS Wildcat 2013-12-16

多分、案外見落されがちな要素であるように感ずるのだが、ピックアップの高さ、即ち弦とピックアップ間の距離というものはサウンドに大きな影響があると感じていて。いや、そんなもん当然の話で、自分は細心の注意を払って調整していると言う人はそれで良いのだけれど。そうあるべきだし。

以前スタジオに入った際に、のりおちゃんが持ち込んだニュー・ギター(オークションで中古購入)をちょっと借りて弾いた際に、ピックアップの高さ調整がメチャクチャで(フロントをリアより高くしていた)音量バランスが全然取れてなかったことがあったのだ。私は割と頻繁にピックアップを切り替えるので、そうしたことが結構気になるし、すぐに気付く。で、それを狙って敢えてやっているのなら問題も無いのだが、訊いてみると単に気付いていなかったという・・・あれだけ上手い人が。

で、オークションなんかで落札したギターって、大抵は調整がいい加減で、しかも必要が無いところをいじっておかしくなっちゃっているものが多くて色々とガッカリするのだが、ピックアップ調整なんかもその傾向があって。調整ネジを欠落させているものも多いし。で、ネジとスプリングによって調整するタイプは調整幅は大きいのだが、下げ過ぎてネジが外れると戻すのに若干手間が掛かって。そういった不都合を解消すべく考案されたものかと思うのだが、ピックアップ自体の下にウレタンを付けて、ネジで抑えつけるといった形式のものがダイレクトマウントでは案外多くて。しかしそれはそれでウレタンの経年劣化というものは避けがたい。まあ劣化したならば劣化したで交換すれば済むわけであるが、現実的には中々やらんわな。補修部品として純正品を入手することも意外に困難ではあるし。



Aria Pro II / SB-R60
DSC02414.jpg
DSC02415.jpg
DSC02416.jpg
割と最近入手したSBなんだわ。SB、何本目になるのかな?一度ズラーっと並べて写真を撮りたいと思っているのだが。SBはエレクトリック・ベース史上に残る世界的・歴史的名器です。でもこのサンバースト・フィニッシュは地味よね。まあ渋いとも言えなくはないけれども。

状態は悪くない。多少のキズはあるけれども。そんなもんはね、使ってりゃ当然ですから。残念ながらオリジナルのノブが欠品で、うちにもストックが一つしか無かったもんだから、多分ヤマハの昔のミキサーから取ったものを付けてる。まあそんなに違和感は無いと思う。

SBはレギュラーラインのものはほぼひと通り揃えていると思うのだけれど、個人的にはスルーネック仕様の最廉価モデルであるR60が最も実用的で使えると思っている。これは以前も書いたけれども。機能的に過不足なく、どんな場面でも使える。

で、ならば2ピックアップのR80の方がサウンドヴァリエイションが期待できるかと思うのだが、私の所有するものに関して言えば、フロントとリアの音量バランスがうまく取れないのだね。リアが弱い。リアをもう少し(位置的に)高くしてやれば良いのだろうけれども、ウレタンの劣化のせいなのか必要と思われる位置まで持ち上がってくれないのよね。だったらウレタンを交換してやればいいんじゃ?そういうことを今更ながら思ったわけさ。今度やってみる。

Duran Duran - The Reflex

SBと言うと案外この人(ジョン・テイラー)の印象は強い


Aria Pro II / RS Wildcat改
DSC02429.jpg
DSC02430.jpg
DSC02433.jpg
この辺のギターを使ってる人って、見ないよね。製造販売されてた当時でさえほとんど見なかった。チャカ・カーンのルーファスのギタリスト、トニー・メイデンが多分ギターマガジンのインタヴューでこれか、このシリーズのギターを抱えて、良いギターだとか言ってたのが記憶に残っているくらい。あんまり安くオークションに出てくるもんで、何本か持ってるのね。でも状態はひどい物が多い。やっぱしちゃんと再生してやんないと。

この個体に関してはセンター&リア・ピックアップ欠品、ブリッジサドル数個欠品、キズ多数という状態だった。あまりに傷がひどいので、いっそ塗装をリフィニッシュしようと思ったのだ。またシースルー系の塗装の方が似合いそうにも思えたし。まあえらい多ピースのボディではあったけれども。
DSC02428.jpg
↑こっちがほぼオリジナル(別個体)
正直音にはあまり期待していなかったので、ピックアップは取り敢えず付いてりゃ何でも良かろうと、いつか入手したメーカー不明のテレキャス用ブリッジに付属していたハムバッキングを、ブリッジもそのテレキャス用に交換しちゃって、フロントは別に無くても良いかとも思ったけれども、折角オリジナルのサーキットはスイッチポットが使われているので(コイルタップ用)これをピックアップ・セレクターに使おうと(当然ハーフ・トーンは出せません)。フロント・ピックアップは残っていたものをそのまま使っても良かったのだけれども、他に移植したいギターがあったので、ストックのジャンク・パーツから適当に選んだシングル・コイル(多分トーカイのシルヴァースターに載っていた物)を載せてみた。

本体の音に拘らなかったのは、当初よりヘクサディヴァイデッド・ピックアップ ローランドGK-2を載せる予定であったからでもある。基本VG用にしてしまおうと。GKを搭載する際、いつもケーブルの処理に困惑するわけであるが、このギターならばピックガードの下を通して比較的スマートに処理できるわけで。多少のザグリは必要になるわけではあるが。GK-2とGK-2Aの違いは、ピックアップ部分の形状。2Aの方が細くて、対応できるギターが多くなっている(リア・ピックアップとブリッジの間隔が狭くてディヴァイデッド・ピックアップを載せられないケースは案外多い)。
DSC02434.jpg
ネックが意外にも3ピースメイプルの中々良質な物で、これを塗り潰して隠すのは実に勿体無い。ヘッドにメーカー・ロゴが何も無いのも寂しいので、ネットで拾った画像を元にラベルを作って貼ってしまったのだけれども、これは子供の遊びみたいなもんだから。
DSC02432.jpg
塗装はまだ下手だけれども、大分上達はしたな。で、オリジナルの分厚い塗装の時よりも断然鳴りは良くなったように感じている。叩くとカンカンと乾いた音が響く。オリジナルとは響きが明らかに違う。いっそもう一本も剥がそうかという衝動に駆られるが、塗装を剥がすのは本当に重労働でね。もうちょっと楽に出来んもんかな。

DSC02349.jpg
DSC02361.jpg
これはピックアップの移植をしたギター。フェルナンデスのストラト・タイプ。1シングル用のミラーピックガードを入手したので、それに付けてみました。結構似合ってると思います。6500円で売れました(赤字)。

基本の36枚
Christopher Crossチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版原曲)レッド・ローズ・スピードウェイ21??????????Use Your Illusion 2ナイト・アフター・ナイト展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様)ラバー・ソウルSantana (1st Album)スタンダーズMirage (w/ bonus track)モノリスの謎(紙ジャケット仕様)461オーシャン・ブールヴァードMinute By MinuteBalinCornerstoneクリムゾン・キングの宮殿ライヴ (紙ジャケット仕様)パルシファル(紙ジャケット仕様)マウロ・パガーニ~地中海の伝説(紙ジャケット仕様)至上の愛アースバウンドAtom Heart Mother白いレガッタFS(エッフェ・エッセ)(紙ジャケット仕様)5150バリオス作品集PSYCHOPATHToto IVDark Side of the Moonバック・トゥ・ジ・エッグサン・シュープリーム(紙ジャケット仕様)危機大人(アダルト) (通常盤)UTAUドリーム・ポリス




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。