So-net無料ブログ作成

青春エムンドライブ、RSB-600、MACとMA 2013-12-26

今年もあと一週間足らずですか。あ~やだ。

どうでもいい近況から。

21日はTプロデューサー主催の忘年会。例によって南福島のイタリアン、La Egao にて。

今年、Tプロデューサーとの活動は9月の『とっておきの音楽祭』での共演。毎年のように活動方針を巡って何度か喧嘩になるのだが、今年は比較的穏やかだった(それでも多少は意見がぶつかって混乱するのだが)。その分BS&Bでドタバタしたけどな。ま、しゃ~ない。オレはオレなりに何とかBS&B動かそうと努力したんだから。理解してもらえないだろうけれども。

しかしオレに限らず皆それぞれ色々と面倒を抱えてるもんだよなあ。ホントやってらんねえよなあ。やってらんねえから音楽やってんのに、そこでまたイヤんなってりゃ世話ねえよなあ。



22日は青春エムンドライブ。何か高校生ボランティアとか学生の参加が多くてなあ。最後のバンドなんか小学生だったしな。あれ、どういう人が指導してるんだろう。ン?今ふと思ったが、対してオレら盛合せとかL.A. Secretsあたりが出演者最年長クラスか?また、アレだなあ。しかし今やもう普通そんなもんだろ。逆にF協(福島県フォークソング協会)とかが異常なんだって。

で、さあ。ウチらみたいのが今回みたいなイヴェントに参加すりゃあ当然ロートル扱いで舐められるんだからさあ、そんなもん自分の昔考えてみりゃわかるじゃん、「オッチャンたち頑張ってるね」って生暖かい目で見られて、まあそんなもんだから。だからよっぽどガツンとかましてやんなきゃイカんのに、現状盛合せって全然そこまで行けてねえからなあ。これがBS&Bあたりだと違うんだけどなあ。「Night Jackよりも上手えんじゃね?スゲえんじゃね?」みたいなさぁ・・・。

それでもやっぱりステージは楽しいんだけどね。時間は物足りなかったけれど、私は楽しみました。しかし串部長は色んな意味で硬すぎるよ。グラサン掛けたりしておっかねえし。別に見た目で若者をビビらせる必要ないから。ステージじゃもっとボケてボケてボケまくってくれ、頼むから。っつうか、演奏さえ良けりゃそんなもんホントはどうでもいいんだけどさ。

青春エムンドライブ 2013 より
DSC02481.jpg
DSC02484.jpg
DSC02490.jpg
DSC02496.jpg

串部長が動画をアップしました。
DSC02500.jpg

この際だからL.A. Secrets の演奏貼っちゃえ。メンバーの方から抗議があれば削除します。
DSC02504.jpg
DSC02509.jpg
DSC02512.jpg
DSC02514.jpg

で、本番で使うベース、本当に迷ったんだ。迷いに迷った末、結局コレ。
DSC02497.jpg

Aria Pro II / RSB-600
DSC02461.jpg
DSC02462.jpg
DSC02463.jpg
DSC02464.jpg
DSC02465.jpg
だって年間100本もライヴやるんならフェンダーだって出番もあるだろうけれども、現状精々10本やそこらだもんなあ。しかもベースで参加するとは限らない(アコースティック・ギターが最も多い)わけで。だったら当然この辺を使わなきゃならんでしょう。私が使わなきゃ誰が使うのさ。私の世代の、そして最高の楽器なのに。

前回のエントリ書いた後、「一体SB(スルーネック仕様のRSB含む)何本持ってんだっけ?」って考えてみたら、数え違いでなければ多分15本だった。だから、まだまだ当分SB(RSB)シリーズは続くよ。

で、RSB(Rev Sound Bass)なのだが、SB(Super Bass)との位置関係が今ひとつわからない。多分’80年前後には製造を終えて、しばらく途切れた後ボルトオン・ネック、ミディアム・スケール主体のRSB(2nd run = Rock Solid Bass)に移行するのだと思うのだが。

スルーネックのRSBは、ヘッド形状以外にSBと異なる点は無い(ボディ材で区分していた可能性はある)。ただ、価格設定が何故かSBよりも若干安い。とか書きつつ、実際のところ私にもその辺詳細は分からないのだが・・・。RSB-600はSB-R60と同一のサーキットを有し、違いはヘッド形状と弦間ピッチ(RSBがナロー・ピッチ、SB-Rがワイド・ピッチ)。しかしこのモデルが発売されていた当時はまだSBの型番に“R”が付く前の時期で、これに対応するモデルはSB-700、そちらもやはりナロー・ピッチであった。

この個体はサーキット不調のジャンク品をネット・オークションで中古購入したもので、そうした場合購入時に注意を要するのは、ピックアップに修復不能(このピックアップ、カヴァー内を満たすようにエポキシが充填してあり、コイルに手を加えることがほぼ不可能なので一旦内部で断線したらどうしようもない)なものが少なくないらしいという点である。ピックアップは現在もメーカーから入手可能なのだが、交換となれば結果的に出費が大きくなってしまう。このタイプのピックアップは気温変化によるエポキシの膨張・収縮によってコイルの断線が誘発されやすいのではないかという話を聞いたことがあるが、その辺り真偽は不明。私自身、一度死んだピックアップ(の載った個体)を掴まされたことがある。オークションの商品説明ではジャンク品だが音は出るとのことであったが、スプリットの低音弦側が死んでいた。まあジャンク品に文句を言っても始まらない。そうしたトラブルの可能性も織り込んだ上で、どこまで追いかけるかという話で。幸いこの個体のピックアップは死んではいなかった。しかしちょっとおかしな挙動を示す部分があるのだが、そこを説明すると長くなってしまうので割愛。兎も角、今回のライヴではしっかり働いてくれました。

Whitesnake - Still of the Night (official music video)

ルディ・サーゾもSB。



Aria Pro II / MAC-STD
DSC02469.jpg
DSC02470.jpg
DSC02471.jpg
DSC02472.jpg
モデル名は多分間違っていないと思うのだが、名前など有って無いようなローコスト・モデルなので確証はない。でもこれ、凄く良い。最近オークションで、寧ろ腹が立つくらいの安値で入手した。

不思議なのだが、MA(Magna)シリーズで気持ち良く鳴ってくれる印象のギターにはほとんど巡り会えた記憶が無いのに対して、MAC(Magna Curved)シリーズは常にかっちりと気持ち良く響いてくれる印象がある。軽い音ではあるのだけれど。このテのギターを入手すると、以前ならすぐにリアにコイルタップを追加したりしたものだが、これはこれでいい音なんだから別にいいと思える、今は。

ただ、トレモロユニットだけは交換した。ギター自体のルックスがとても上品で、如何にも普及品といった風情のシンクロナイズド・トレモロユニットがどうにも無粋に見えたので、ローラーサドルのユニットを載せてみた。私からギターへのプレゼントみたいな気持ち。バカな話だが。



Aria Pro II / MA 改
DSC02466.jpg
DSC02467.jpg
正確なモデル名は不明。この2ハムモデルは韓国製の普及モデルなのだが、MAでは比較的音がしっかりしている印象で、以前色違いを所有しており気に入っていたのだが手放してしまったので、以来結構探していたものだった。

造りが堅実で気持ち良く弾けるギター、そしてGKを搭載するのに理想的な条件を満たしていたので(24フレット仕様、フラットトップ、フロイドローズ・タイプ・トレモロ、パッシヴ回路、そして黒色)、載せてみたわけだ。例によってリア・ピックアップとブリッジ間が狭く、エスカッションの加工が必要となったわけであるが。こうした場合、エスカッションを外してリア・ピックアップをダイレクト・マウントにする例も見かけるものだが、こっちの方がスマートでしょう。配線も極力シンプルに見えるように、ジャックから分岐してミニ・プラグを引き出した。しかしケーブルを黒いガムテープで固定している部分はこれをやった時点でこれしか思いつかなくて。この辺、GK-3ならばもっとスマートに処理できるわけだが。まあブラブラしてるよりはマシでしょう。

基本の36枚
1987ラジオ・スターの悲劇+9Christopher Crossチャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版原曲)レッド・ローズ・スピードウェイ21??????????Use Your Illusion 2ナイト・アフター・ナイト展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様)ラバー・ソウルSantana (1st Album)スタンダーズMirage (w/ bonus track)モノリスの謎(紙ジャケット仕様)461オーシャン・ブールヴァードMinute By MinuteBalinCornerstoneライヴ (紙ジャケット仕様)クリムゾン・キングの宮殿パルシファル(紙ジャケット仕様)マウロ・パガーニ~地中海の伝説(紙ジャケット仕様)至上の愛Atom Heart Motherアースバウンド白いレガッタFS(エッフェ・エッセ)(紙ジャケット仕様)5150バリオス作品集PSYCHOPATHToto IVDark Side of the Moonバック・トゥ・ジ・エッグサン・シュープリーム(紙ジャケット仕様)危機ドリーム・ポリス




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。