So-net無料ブログ作成
検索選択

2012-10-22

20日の土曜日は何と!なおみさんからさんかく広場で開催される福島高校ジャズ研究部のコンサートにお誘いいただいて、ご一緒することとなった。しかし私一人ではどうにも心細いので、串部長とマツゼンを無理矢理、でもないが、「何とか付き合ってくれ」と頼んで同席してもらった。例によってマツゼンはコンサートが終わってから顔を見せるいい加減ぶりではあったが。
HIMG0161.jpg
好天に恵まれて実に良い気分であった。演奏の方も「コリャ大したもんだ」という子もいればまだ楽器を始めて間もないらしい微笑ましい子も少なくなく、それぞれに味わいがあって楽しい。で、女子が多い。指導しているやぁどさん(Tプロデューサーの同級生だったらしい)は同部の1期生らしい。年季の入ったアルト・サックスで年季の入った貫禄の演奏を聴かせる。

羨ましいのは、こうしてしっかりと伝統が受け継がれている部分で、ロック系やフォーク系はこういったのって難しいもんかなあ。世代を超えたスタンダードってのがやはり少ない感じがあって、セッションなんかが成立し辛いと言うか、音楽的な共通言語が乏しいような気がする。ちょっと世代間の断絶を感じてしまうわなあ。

午後は串部長と二人で四季の里で開催されているイヴェント(何と言ったか覚えていないのだが)へ移動して、∞Zのエリカちゃんのステージを観て、その後FTVの名和田さんから多分番組(サタふく)オリジナルのスープを直接手渡しで振舞っていただいた。会場にFTVのブースがあって、そこで来場者に無料で振舞っていたという、それだけの話だが。久々に日光を存分に浴びてリセットして、まあ何とも気分の良い一日であった。



音楽活動本格化に伴い、串部長自身がギターを所有する必要性を感じ始めており、やはり最低限アコースティックとエレクトリックの2本が必要となるわけであるが、そこは当然安いに越したことはないわけで。で、本気でやるならば世界的に一流と認められるメーカーの1本数十万とか、そういったギターを無理しても購入するのが理想ではあるのだろうけれども、初心者がいきなりそうした物に手を出すのもどうかとも思うし、そもそも予算というものがある。で、こうした場合に当人にその予算を訊くならば、まあ驚くべき金額(低予算)を提示するのは寧ろ普通の事で。そうした中で、必ずしも頼まれたわけでもなく勝手になるべく理想的なプランを考え込んで悩んでしまう、これは最早私の習性のようなもので。

自己所有の中から「これならば譲れなくはないし、クオリティ的にも間違いない」といったものを探した時に思い当たったのがアリアのAF-25N(定価25,000円)であった。4~5年前に中古購入した物であったが、状態も良く、5,000円は素晴らしい買い物であったと感激したものである。弾き易いし、鳴る。価格帯からは信じ難い、トップ単板である。これをエレアコ化しようと思った(ライヴを考えるとエレアコである必然性があるわけである)。

このギターね。

最近、ライヴではARTECのサウンドホール・ピックアップ(マグネティック)を搭載したFenderばかり使っていた。で、マグネティック・ピックアップのメリットを感じる場面が多かった(バッテリーを必要とせず、シンプルな分だけトラブルの心配が少ない、音的にもバンドにおいてはピエゾよりも通りやすい)ので、串部長にもマグネティックにしよう。

こっちがFender。

しかし新規にピックアップを購入していては予算を超えてしまう、いっそ先日購入したWilkinsonのP-90タイプを使って自作してしまおうと。勝算はあった。以前同じような試みを成功させたことがあったので。で、完成したのがコレ。
ARIA / AF-25N(改)Kushibucho Special
DSC01910.jpg
DSC01906.jpg
DSC01914.jpg
シングル・コイルなので当然ある程度のノイズは乗ってしまうのだが、今回画期的な方法で弦アースを取ることを思い付いて。まあ結果的には予想したほどのノイズ低減効果は無かったわけではあるが、基本的なサウンドは素直で好ましいものであったしパワーも充分、ルックスも良好(だと思う)、多分使えると思うのだが・・・。次回スタジオでチェックしてみる予定。串部長にはうちでの購入原価(本体+パーツ)の8,000円で譲る。



思えば普通のフォーク・ギターにエレクトリック用のマグネティック・ピックアップを我が家で載せてみたのは、かれこれ15年ほども前、ヤマハのFG-300Dが最初であった。Vester Maniacのギターから外したシングル・コイルが、好みのサウンドではないのだが実にロー・ノイズであったので、コレなら使えると思ったのだ。それでもやはりアースを取るのには最も苦労したわけであるが。
YAMAHA FG-300D(改)
DSC01921.jpg
後にピエゾも搭載し、マグネティックとのミックスが可能になっています。ボディ・トップのコントロールはマスター・ヴォリューム、バランサー(マグネティック&ピエゾ)、マスター・トーン。さらにボディ・サイドに3バンドEQ搭載のピエゾ用プリ・アンプがあります。調整の自由度が高く且つライヴでの即応力もあり、非常に優れたシステムです(自画自賛)。
DSC01922.jpg
ブリッジ下の銅線はアース線
このギターはレコーディングでも使用しており、ラインの音が良かったとTプロデューサーに褒められたことがある。しかし、やはりこの時代('80年前後)のギターは弾き辛くて。弦高が下げられない(勿論可能な限り下げてはいるが、ブリッジ・ベースが高すぎるのである)、ネックが太い(厚い)、あと、ボディがデカイ。音もデカイし味わいのある、良いギターなのだけれど。



今回のピックアップ・システム、全体としてとてもよく出来ていると感じたので(自画自賛)、手持ちのピックアップで他のギター用にも制作しようと思った。で、作ったのがコレ。
DSC01924.jpg
ピックアップの交換が容易なように、ピンケーブルの抜き差しで可能にしてあるのと、弦アース用のプレートがミソ。プレートはボディ・トップの裏側、ブリッジのチョイ上辺りに貼り付け、6本の足がボールエンドに接触すると言う寸法。寝ている間に突如思いついた画期的システムである。
MORRIS / MF-201(改)
DSC01925.jpg
DSC01926.jpg
あくまで自分用に作った物なので、多少の雑な部分はご愛嬌ということで。
正直、どうにも鳴らないギターで、弾いていてあまり気持ちが良くなかったため、これまではほとんど出番がなかったのだが、アンプを通してみたところ、意外に素直なサウンドで、また想像以上にロー・ノイズ、これなら使えなくはないんじゃないか?

面白いものが出来てそれなりに満足感はあるのだけれども、ドラマーのおおはしさんに付き合って月末にチャーのライヴを観に行くことになって、俄かに金欠。金策の為にひょっとしたらこのギター売るかも。誰かチケット代6,500円で買ってくれないかなあ。

基本の36枚
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版原曲)レッド・ローズ・スピードウェイ21??????????Use Your Illusion 2ナイト・アフター・ナイト展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様)ラバー・ソウルSantana (1st Album)スタンダーズMirage (w/ bonus track)461オーシャン・ブールヴァードモノリスの謎(紙ジャケット仕様)Minute By MinuteBalinCornerstoneクリムゾン・キングの宮殿ライヴ (紙ジャケット仕様)パルシファル(紙ジャケット仕様)マウロ・パガーニ~地中海の伝説(紙ジャケット仕様)至上の愛アースバウンドAtom Heart MotherFS(エッフェ・エッセ)(紙ジャケット仕様)白いレガッタ5150バリオス作品集PSYCHOPATHToto IVバック・トゥ・ジ・エッグDark Side of the Moonサン・シュープリーム(紙ジャケット仕様)危機大人(アダルト) (通常盤)UTAUドリーム・ポリスBGM




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2012-10-14

串部長と盛合せ。の初ライヴから今日で8日。

結局またも拙い演奏でメンバーにも迷惑をかけてしまったが、多分皆それなりに楽しい時間を過ごすことはできたので良しとしよう。そうやって自分に甘いからいつまでも良い演奏が出来ないのだが。
串部長と盛合せ。1st Live at C-MOON Oct.6,2012

セットリスト
①Junior’s Farm
②Breakfast in America
③We’re all alone
④Hotel California
⑤Layla
白状すれば私のやらかした大チョンボを2箇所、姑息な編集で誤魔化している。まだまだ隠し切れないミスはキリがないのだが。

しかしこの日のメイン・アクト、Rock Childの皆さん、とにかくいい人達だったなあ。演奏は勿論素晴らしかった(あまりにも素晴らしすぎて何て表現していいかわからん)けれども、あの人柄の良さ、気さくさときたら。音楽だけでなくその辺にも感動してしまった。碌な演奏ができなかった私には本当に救いだったわ。



昨日はライヴ当日にはできなかった『打ち上げ&反省会』。とにかく激安(本当に洒落にならんくらい安い)で料理も旨い『ぼんてん漁港福島駅前店』にて。今回のライヴでゲスト参加してもらったナベちゃんは今後正式加入の方向で。編成上、割とバンドの方はロック色を強める方向に向かいそう。まあデュオ(逢隈コブ田)はこれまでの路線を維持するので、それはそれで良しかと。

で、やはり私らは一応ミュージシャンの端くれなので、飲み会ではあっても反省やら今後の展望を語るには音楽が欠かせない。そこで持ち込んだのがコレ。パソコン工房で最近購入、980円也。
DSC01899.jpg
腕時計はサイズ比較用
マイクのグリルでも外したような外観だが、実際その程度のサイズのアンプ内蔵スピーカー兼MP3プレイヤーである。これでも出力は6W、最低限許せる音質(サイズを考えれば実に立派なもの)。リチウム電池を内蔵しており、USBで電源供給・充電ができる。マイクロSD対応なのだが、今時メガバイトサイズのSDなど売ってない、8ギガバイト程度のサイズなら500円くらいで買えてしまう。音質を128kbps程度にすれば、まあアルバム1枚で平均50メガバイト程度、8ギガバイトでアルバム160枚程度は収録できる計算になる。学生時代に友人たちと自転車でキャンプに行く際に、ラジカセと大量のカセットテープで荷物が膨れてしまったことを思うと隔世の感がある。また、充電が切れたら、今はこんな便利な物もある。
DSC01900.jpg
太陽光パネル、USBでの電源供給が可能である。昔、もしも無人島にレコードを1枚だけ持って行くならば一体何を、なんて質問をする雑誌の企画があったものだが、たったこれだけでアルバム数百枚分の音楽を簡単に外に持ち出すことが出来る。ビートルズもイエスもカンザスもニュー・トロルスもフォリナーもジャーニーもラッシュもみんな持ち出せる。海道はじめだって。
海道はじめとスナッキーガールズ / スナッキーで踊ろう

コレ、以前マツゼンの出囃子に使ってたんです。

しかしアルバム1枚平均10曲収録として8ギガで1600曲、32ギガならば6400曲、ディスプレイが無いのでその中から1曲づつ先送りして聴きたい曲やアルバムを探すのはそれはそれで中々に大変なものがある。まあそれにしてもディスプレイ付きの別なプレイヤーを出して繋げばよいだけではあるのだが。これだけあれば私ならば相当退屈をやりすごせる、そう考えて妙に安心するところは、ある。



ライヴ当日にちょっと嬉しい出来事があって。ネット内某所で知り合うことになったなおみさんが唐突にライヴ前の会場を訪れて、コレをくれました。
DSC01901.jpg
大くまねこのメモ。
DSC01902.jpg
DSC01903.jpg
DSC01904.jpg
DSC01905.jpg
持ってるものが色々変わります。

なおみさん、どうもありがとうございました。



久々のマッサージねこ、キンタ(五兄弟で全部パンダねこ、黒の面積が多い順にカンタ、キンタ、クンタ、ケンタ、コンタ。でもマッサージねこはキンタだけ)。いつでも突然マッサージを始めるので、慌てて撮ったらこんな格好で失礼。ねことすね毛とデニス・デ・ヤングの声が苦手な方は見ないで下さい。


基本の36枚
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版原曲)レッド・ローズ・スピードウェイ21??????????Use Your Illusion 2ナイト・アフター・ナイト展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様)ラバー・ソウルSantana (1st Album)スタンダーズMirage (w/ bonus track)461オーシャン・ブールヴァードモノリスの謎(紙ジャケット仕様)Minute By MinuteBalinCornerstoneクリムゾン・キングの宮殿ライヴ (紙ジャケット仕様)パルシファル(紙ジャケット仕様)マウロ・パガーニ~地中海の伝説(紙ジャケット仕様)至上の愛アースバウンドAtom Heart MotherFS(エッフェ・エッセ)(紙ジャケット仕様)白いレガッタ5150バリオス作品集PSYCHOPATHToto IVバック・トゥ・ジ・エッグDark Side of the Moonサン・シュープリーム(紙ジャケット仕様)危機大人(アダルト) (通常盤)UTAUドリーム・ポリスBGM




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

2012-10-06

ぬまさんがニュージーランドから帰国したらしい。当人からは何の連絡も無いが。ニュージーランドに移住すると言って去って行ったのは去年の何月のことであったか。向こうで介護福祉士になるのだと語っていたものだが。

マツゼンに「ぬまさんがFacebookを始めたようだ」と聞いたのが半年ほども前だっただろうか。以来何度か覗いてみたが、どうにも釈然としない部分はある。何かすごく「オレ、ミュージシャン」みたいな部分が前面に出ている気がするのだが、あなたギター弾けないでしょ。ウチで最初のレッスン
「何でもいいから弾ける曲弾いてみて」
って私が言った時、まともに弾ける曲1曲も無かったじゃん。んで、とにかく基礎がメチャクチャだったから、
「地道に基礎からやりましょう」
とオルタネイト・ピッキングからレッスンを始めたのに全然できなくて、
「来週まで練習してきて下さい」
と伝えたにもかかわらず全然やってくれなくて、そのくせ
「ライトハンド(奏法)の基礎を教えて下さい」
なんて馬鹿なことを語って。私ゃ本当に情けなかった。半年かけて何一つ進歩させることが出来なかったのだから。まあ私の力不足でしょう。しかし自宅では少しも練習せずにウチに来た時だけ一週間に一時間、たったそんだけの練習でギターなんて弾けるもんかね。

「オレのバンドのメンバー」だなんて言って昔のバンドの写真出したりして、沼ヘイレンは一体どうした?



さて、いよいよ今日は『串部長と盛合せ。』のデビュー・ライヴである。バンド活動というものを始めてまあそれなりに長い年月を過ごしてきたものだが、思えば自分のやりたいことがここまで自由にできる、というか、構成に深く関与できたバンドは初めてだ。当然ながら、演奏していて単純に楽しい。

いつもより妙にチケットが高いと思ったら、プロ・バンドの前座ということらしい。そのメイン・アクト、Rock Child だが、Youtubeで観る限り本格派のHRバンドという感じで、勢いだとか迫力だとか、そういった部分で張り合おうとしてもちょっとこっちには分がないので、まあ気負わず自分たちなりに楽しくやれればいいかな?

皆さん、ぜひ観に来て下さい。
10/6 (土) Moon Light Mile
開場 / 開演 17:00/17:30
料金 前売り¥1,500 当日¥2,000 ドリンク ¥500
出演 Rock Child, 串部長と盛り合わせ, ...and more!!

ROCK CHILD -BACK TO ROCK Live at Club ALIVE!




結構ライヴが続いて厳しい日々だったわ。まあそれも今日のライヴで一段落。思い返せば不出来で苦い思い出ばかりだけれども、これで人生が終わったわけじゃない、まあ前を向いてやってゆきましょう。

串部長が動画をアップしてくれてたようです。これは9月8日の逢隈コブ田で出演したアコースティック・ライヴ。
逢隈コブ田 Live at C-MOON Sep.8th,2012

何しろ酷い出来で自分で観るのも、他人に観られるのも辛いのだが、言い訳をしても仕方がない。もっと精進します。



9月23日は『とっておきの音楽祭 ふくしま 2012』、午前中はツイン広場でバーバリズム、午後は福島駅前広場でマツゼン保存会の出演があった。終日の酷い雨だった。

バーバリズムに関しては予想を上回ると言うか下回ると言うか、まるで去年の再現みたいな酷い出来になってしまった。あれだけ準備したのに。本当に辛い。しかし、運営側だってちょっとひどい。あんな状況でセッティングに時間がかかるのはいささか止むを得ない話で。持ち時間30分、正味25分はあるはずなのに、5分演奏した時点で残り15分とか言われてもこっちの予定だって狂っちゃう。必然的に演奏だって走るさ。こっちだって時計見てちゃんと確認してるんだから。過度に厳格なタイムキープ。他の会場じゃそんなことなかったじゃん。

マツゼン保存会の出来はまあまあ。ドラムおおはしさんのテンポが若干速かったが、ノリという面では悪くなかったと思うし。天候さえ良ければもう少し立ち止まって聴いてくれる人も多かったのだろうけれども、まあマツゼンの朗読もあったし、どうにもアレンジが決まらなかった『少年たちの夏』も取り敢えず基本的なアレンジがまとまった感じだし、バンドの一体感みたいなものがいつの間にか出来上がっていたんだなあと感じる。またきっと集まる機会があるだろう。
マツゼン保存会 in とっておきの音楽祭 ふくしま 2012




実はこの期に及んで今日使うギターが決まらない。1曲だけどうしてもトレモロ・アームが欲しくて、まあストラトでも持ってきゃ問題は無いわけであるが、もう古いアリアしか使いたくないもんだから、こういう時に困る。所謂アリア四天王(この呼び方ってやっぱり恥ずかしいなあ)、PE、RS、TS、CSは基本的にアームレスなので。そもそも’70年代なんてアームが使いたけりゃストラト(のコピー・モデル)か、ごくたまーにムスタング(のコピー・モデル)ってのが相場だったわけで。アリアでもアーム付きモデルを本気で生産し始めたのは’80年代半ばくらいからで。で、私の感覚で古いアリアってのは即ち四天王の時代なわけだから。

で、四天王は諦めるとして、それでもアリアに拘るならば、まあそれなりに悪くないギターもあるわけだけれども、例えばMAC-85だと現在串部長に貸し出しており、今更ながら後悔するのだが赤いThe Warrior、綺麗で音も悪くなかった(アッシュの1ピース・ボディでなあ。アッシュは案外あんなデカイ一枚板が入りやすいもんなんだべか)のを金欠で最近手放してしまったのだった。遂に一度もライヴで使わずに。MAGNAじゃ無難すぎるというか、ちょっと面白味に欠ける気がしたり。

まあそんなこんなで、先日手に入れたジャンク品のヴァンガードを修理するのはどうかと考えたのだ。こういう言い方はどうかとも思うが、所謂初心者向けの、中学生がお年玉で初めて買うようなギター。メーカーの人でさえ黒歴史みたいに語るモデルで。これが妙に可愛いく、愛おしく思えてしまったのだ。
Aria Pro II / VANGUARD VA-500S(改)
DSC01884.jpg
DSC01886.jpg
DSC01887.jpg
基本的にボディのダメージは少ないのだが、ブリッジが欠品していた。いつか仕入れていたジャンクパーツを更に使える部分だけ寄せ集めて載せてみた。そんなこんなで、どうにか使える状態になったのね。実際割とカワイイっしょ。でもね、音はやっぱり褒められない。ヌケが悪いと言うか、こもると言うか、サステインがないし、狙ったところでフィードバックが得られない。きっとギターシンセ用にすれば優秀かも。やっぱしボディ材がちょっとアレな気がする。これならいっそのこと積層ボディ(ベニア)の方が鳴ると思う、音に品は無いけれど。でも、今回はこれでいこうと思ってる。

基本の36枚
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番&ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ピアノ版原曲)レッド・ローズ・スピードウェイ21??????????Use Your Illusion 2ナイト・アフター・ナイト展覧会の絵+1(紙ジャケット仕様)ラバー・ソウルSantana (1st Album)スタンダーズMirage (w/ bonus track)461オーシャン・ブールヴァードモノリスの謎(紙ジャケット仕様)Minute By MinuteBalinCornerstoneクリムゾン・キングの宮殿ライヴ (紙ジャケット仕様)パルシファル(紙ジャケット仕様)マウロ・パガーニ~地中海の伝説(紙ジャケット仕様)至上の愛アースバウンドAtom Heart MotherFS(エッフェ・エッセ)(紙ジャケット仕様)白いレガッタ5150バリオス作品集PSYCHOPATHToto IVバック・トゥ・ジ・エッグDark Side of the Moonサン・シュープリーム(紙ジャケット仕様)危機大人(アダルト) (通常盤)UTAUドリーム・ポリスBGM




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。